痛みの少ない治療法『静脈鎮静法』とは?

歯医者さんがどうしても怖い

歯医者に行くと、極度に緊張してしまうという方にオススメなのが、静脈内鎮静法です。

静脈内鎮静法とは、「意識はあるけれど、半分うとうとした状態」にすることです。

インプラントなどの外科手術や多数歯の治療を行う場合に静脈鎮静法を行うと不安感や恐怖感なしにリラックスして治療を受けることができます。

終わった後は「えっ、もう終わったの??」と、知らないうちに治療が終わっていたと感じてしまう場合がほとんどです。

●静脈鎮静法のメリット

  • ふわ~っとした意識状態になるため、不安感、緊張、恐怖心がやわらぐ。
  • うとうとしているので、治療時間が短く感じられる。
  • 眠ったような状態になり、痛みなど治療中のことをほとんど覚えていない。
  • 手術中の血圧や脈拍が安定するので、高血圧など全身の病気が気になる方も安心。

入院の必要がなく、外来で行えるので比較的、手軽です。

当院では、麻酔専門の先生に来ていただいて静脈内鎮静法を行っていますので、安全性の面でも皆さんに安心していただけると思います。歯科治療が怖くて、処置を受けるのをためらっておられる方、ぜひ一度ご相談下さい。


●生態モニターによる全身管理

静脈内鎮静法でのインプラント手術など外科的な歯科治療の際、生態モニターを利用した全身管理を行います。

血圧・心電図・酸素飽和度の測定をしているので、血圧など、身体の変化を見逃しません。

全身の疾患が気になる方も、安心・安全に歯科治療を行うことが可能です。

●静脈内鎮静よくある質問

Q、どのような場合に受けることができますか?

 

A、静脈内鎮静は、以下のような方にオススメです。歯医者に行くと、緊張してしまう、気分が悪くなるという方。痛みがなく、リラックスして歯科治療が受けたい方。血圧など、全身の疾患が気になる方。長時間の歯科治療を楽に終わらせたい方。嘔吐反射が激しい方。

Q、全身麻酔とはどう違うのでしょうか?

A、静脈鎮静法の場合
眠くなりますが、意識はなくなりません。自分自身で呼吸ができ、人工呼吸などは必要ありません。呼びかけに反応できます。入院する必要はありません。

全身麻酔の場合
意識がなくなります。人工呼吸器が必要になります。意識がないので、呼びかけに反応できません。入院が必要になり、時間がかかります。

Q、静脈内鎮静法で気をつけることなどはありますか?

A、体調がすぐれない場合手術が延期される場合がございます。処置前は、飲んだり、食べたりできません。

帰宅の際は、自動車などのご自身での運転は避けて下さい。

薬の影響で、眠くなったりフラついたりすることがあります。当歯科医院では、同じ建物内にアパホテルという宿泊施設がございますので、そちらでお休みいただくことも可能です。

Q、静脈内鎮静法は健康保険適応ですか?

A、当院における静脈内鎮静法は、すべて自費診療となります。

インプラントなどの長時間かかる外科処置の際の負担が気になる場合にご検討下さい。


「口腔内の気になる症状があるが仕事でなかなか相談出来ない」「小さい子どもがいて受診時間がとれない」「費用や治療の痛みが不安で歯医者へ行くべきかを悩んでいる」方などは、オンラインで気になるお口のお悩みをご相談ください。
スマートフォンやカメラ/マイク付きパソコンがあれば専用アプリから相談が可能です。

オンライン診療「クリニクス」